高知

高知病院

高知病院の病床は424床備えられており、診療希望の患者が満足のいく医療に出会えるよう、最大限尽くしています。効率的な看護体系10:1で看護にあたっており、ナースは患者の様々な症状に対し、臨機応変に対処できるよう勤しんでいます。外来患者は600名おり、治療を始めとして、その他の全般的な看護もも欠かしません。

高知県立幡多けんみん病院

高知県立幡多けんみん病院の職員は362人在籍しており、看護師以外のスタッフと協力し合うことも大事にしています。看護師は無理のない3交替で勤務しています。ワークライフバランスを考え、看護師同士の助け合いも大事にしています。

高知県立あき総合病院

高知県立あき総合病院の診療科は内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/神経内科/皮膚科/リウマチ科/小児科/精神科/外科/循環器外科(心臓・血管外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/眼科/耳鼻いんこう科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科設置されており、外来の患者へ正しく念入りな看護を目指します。保険医療機関/救急指定病院/災害拠点病院/へき地拠点病院/エイズ治療拠点病院/肝炎治療特別促進事業治療医療機関/結核指定医療機関/原子爆弾被害者医療指定医療機関/指定養育医療機関/母体保護法指定医の配置されている医療機関/産科医療補償制度加入医療機関/自立支援法指定医療機関(更正・育成医療)/精神科救急医療施設/応急入院指定病院/自立支援法指定医療機関(精神通院医療)/身体障害者福祉法に基づく指定医療機関/心神喪失者等観察法指定通院医療機関/生活保護法指定医療機関/労働災害保険指定医療機関の認定を受けています。指定、認定のある医療を進めています。看護師は3交替で働いています。仕事とプライベートを考え、看護師同士のチームワークも重きに置いています。

高知県・高知市病院企業団立高知医療センター

高知県・高知市病院企業団立高知医療センターは、地域の方に信頼される病院を目指し、近接性を大切にした医療を提供しています。看護方式は患者を考えた固定チームナーシング/パートナーシップ・ナーシング・システム/一部機能別ナーシングを使い、ナースは無理がなく、患者さんには質の良い医療を行えるような体制があります。

高知大学医学部附属病院

高知大学医学部附属病院のベッド数は605床完備されています。入院する患者さんのストレスも気遣った治療を心がけています。インプラント義歯/(自らその全部を実施する保険医療機関)抗悪性腫瘍剤感受性検査(HDRA法又はCD-DST法)/骨髄細胞移植による血管新生療法/難治性眼疾患に対する羊膜移植術/蛍光膀胱鏡を用いた5―アミノレブリン酸溶解液の経口投与又は経尿道投与による膀胱がんの光力学的診断、筋層非浸潤性膀胱がんを進めています。看護師は先進医療の治療に対する知識を深めることにもなるでしょう。